ScanSnapで縞が入るのを回避、軽減する方法をまとめれた

カラーの原稿をスキャンするとわりとよく縞が入る。それを回避・軽減する方法に気づき試せて、割合自分的にはうまくいったので、メモを整理してまとめられた。。。。

明日の自分へ。昨日の自分より。
今はできたことも、将来忘れてしまってできなくなってしまうことがよくある。
だからメモを残そう。

「ScanSnapで縞が入るのを回避、軽減する方法」
#環境
iMac(macOS High Sierra)
ScanSnap s510M
プレビュー(OSにあらかじめ付属)
Acrobat Pro DC(まだ売ってるときに買った)

#現象
ScanSnapでスキャンをすると縞が入る。
カラーページをスキャンしてると目立って入ってる。
何年もやってきたが、最近その傾向に気付けた。
奇数か偶数か、そのどっちかにかたよって縞がはいり、もう片方には縞は入らない(目立ちにくい)。
色味はフラッドベッドスキャナーの方が設定を弄らなくてもScanSnapより好みに合う色でスキャンできるが、何百頁もある本を一枚ずつスキャンはしてられない。よほど色味を気にするものでないと労力を払う気にはならない。そして気に入る色で調整するのはものすごく骨が折れる。設定をいじってなんてお金をもらわないとやってられない。だからScanSnapを使う。
#流れ
1_最初の頁からと最後の頁からと、同じ本を別パターンで2回スキャンする
2_Acrobat Pro DC で頁を分割する
3_ファイルと実際の頁の突合表を作り、それぞれ名前を振り直す。
4_Finderで縞の具合をみて互いの縞のないフィアルを別フォルダに寄せ集める
5_最後に、Acrobat Pro DC でファイルを結合する

#具体的手順
最初の頁から最後までScanSnapでスキャン。全頁が一つのPDFにまとまる。
(いつもScanSnapで本をスキャンするときは一つのPDFにまとめる設定をしてる。もし未来の自分が編集可能なPDFソフトを失っていたら、スキャン設定で、一頁毎にフィアルを作る設定もあったので、そっちを選ぶ。ScanSnap Manager の設定で、今時点は読み取りモードのオプションにある。)
次に後ろの頁から最初までScanSnapでスキャン。全頁が一つのPDFにまとまる。
ここで確認、片方の偶数、奇数頁に縞がかたよってることを見る。
Acrobat Pro DC で、頁を分割する。今時点のバージョンでは、ツールの、ページを整理の、分割より、ページ数を1ページ毎に指定して「分割」する
「ファイル名+Part(連番)」のファイルが作られる
表計算ソフトなどで、ファイル名と画像にある実際のページ数の突合をメモしておく
ここから最初の頁からスキャンした方を先にやる。
Acrobatで自動に振られたファイル名を、OS標準の機能でリネームする。
実際のページの始めから終わりまでのファイルを選び、右クリック。今時点で出るのは、「xx項目の名前を変更…」を選ぶ。
フォーマット、名前の変更で、適当な名前と1から始まる番号を振る。
次に、最後の頁からスキャンした方をリネーム。
ここで、困った。降順でスキャンされてるけど、番号は後ろから順に振りたい。
調べた。でも調べた方法のひとつはアプリをインストールしなければならず、経験上うまくいくことは稀でいかないことが多い。
質問に答えてるケースも「大抵○○○のツールを使えばできるはずです」と具体的方法が示されていない。
そこで、調べた方法は無視して、できればいいなと思う方法で試したらうまくいった。
フォルダをリスト表示させて、名前を降順にした。ファイル名+Part(終わりの番号)から逆順に最初の番号と並びが変わった。
その状態で、実際の頁の突合メモを参考に、最初の頁から最後の頁のファイルを選び、リネームをかける。うまくいった。
一瞬の一発で思う通りにできて気持ちいい。
新しく結合用フォルダを作り、最初からスキャンと、最後からスキャンのそれぞれのフォルダから、Finderで見比べながら、寄せ集めていく。
集まったら、もう一度、順番に目視で縞が目立たないか、そもそも頁が抜けてないかを確認する。
そしてAcrobat Pro DCで結合する。今時点で、ファイルの、作成の、ファイルを単一のPDFに結合…を選ぶ。そうすると、ここにファイルをドロップしてね。ってウインドウが開くので、そこへ放り込む。並び順の調整とかもここでできる。

以上。
抜けや不明瞭なことがあれば、他を探すか今後メモを作る用に生かすとして、他のメモか記憶を頼ろう。あるいはもっと別のいい方法が将来できてるかもしれない。


カテゴリーyoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。